脱毛部位によって、脱毛回数は違うのか?実は同じです


脱毛サロンですべすべお肌になりませんか?
最近脱毛は、自宅で行うのではなく、脱毛サロンなどで行う方が増えています。
その理由は、キレイになるからです。

本当にすべすべ肌になるだけではなく、一度このようなところで施術をすることで、その後の自己処理がとても楽になります。
ここで間違いやすいのが、“一度”の意味ですが、これは1回だけ行くのではなく、“脱毛の機会を一度受けると”ということです。

自宅で行う脱毛は1回でキレイになりますね。
カミソリ、毛抜き、脱毛クリームもその場で毛がなくなります。

しかし、脱毛サロンなどでは、ある程度回数を要します。
脱毛サロンのメニューで、6回コース5万円、全身12回10万円と言った数字を見たことがあるでしょう。
これは、一度の脱毛サロンの機会で、6回通うことです。

この回数は選ぶことができます。

一般的な回数とむだ毛がなくなる程度とは、
6回 50% 薄くなったかな
12回 80% たまに自己処理
18回 95% ほぼ自己処理の必要なし

もちろん部位にもよりますし、その方の毛量も関係します。
上記の数字は、あくまでも一般的なものです。

脱毛はある程度回数が必要なことはわかったけれど、狭い範囲(ワキや腕)より広い範囲(背中やお腹)の方が回数は極端に増えるんじゃないかと思う方も多いですよね。
それがだいたい同じなのです。
デリケートゾーンでVラインだけとどVIOラインもほぼ同じ回数というのですから、意外なことですよね。

これは、その方の毛周期に関係しています。
カウンセリングの時に説明がありますが、人間の肌の表面には無数の毛穴があります。
そこから常に毛が生えているのではなく、ところどころ発毛しているのが通常です。

現在、銀座カラー、ミュゼ、エピレなど大手脱毛サロンも湘南美容外科などのクリニックでの脱毛も、生えている毛に反応する機械を使います。
ということは、その方が今生えている毛が全てではなく、いずれ毛が生えている毛穴があります。

その今発毛していない部分の脱毛をするため、生えてくるまで待っている、だから時間がかかるということですね。
厳密に、発毛本数を測ることできませんから、回数を重ねて、全毛穴から生えている毛にレーザーや光照射で、脱毛します。

ですから、脱毛範囲は関係なく、回数は同じですが、毛量が多い場合は増えることは多いです。
機械(光と医療レーザー)によっても回数は変わりますが、医療レーザーの方が少なくて済むと言われています。