色々ある!プラセンタ種類のおすすめは?馬プラセンタ!


最近美容面などで大きく取り上げられている「プラセンタ」。
美容食品などにも「プラセンタ入り!」なんて書かれていて
思わず買ってしまったなんて人もいるのではないでしょうか。

プラセンタといっても。実は原材料は全て同じではありません。
胎盤というキーワードだけ同じとみてください。
プラセンタは主に動物の胎盤から抽出されます。

そのため種類は複数あるのです。
今回は、プラセンタの種類についてご紹介します。

【豚プラセンタ】

市場に最も出回っているのが豚由来のプラセンタです。
豚は年に2回。1頭につき10頭前後と多くの出産をするので、
大量の豚プラセンタがとれます。そのため値段が安価です。
人の組織とよく似ているので、使われていることが多いようです。
狂牛病の問題によって、牛のプラセンタが作られなくなったため、
かわりに作られたプラセンタでもあります。

【ヒトプラセンタ】

人から抽出されたプラセンタです。様々なウイルス検査をして
安全性の確認がとれた妊婦さんから取れたもののみを使用しています。
もちろん、本人の同意の上で行われます。現在では医療用の注射液として
使用されているため、市場に出回ることはまずないようです。

【馬プラセンタ】

馬から抽出されたプラセンタです。馬は年に1頭につき1回うむので、
1回で10頭前後産む豚よりもアミノ酸の含まれている量が多いとされています。他のプラセンタと比べても300倍~700倍も違うそうです。
人に必要な必須アミノ酸を持っています。人気の馬プラセンタはこちら。